H29年度 事業計画・報告

事業報告


森林ガイド派遣事業

~市民の森 案内~    [森林観察学習部会]


日程: 5月28日(日)
場所: 茅野市 市民の森
参加者: 12名(うちスタッフ3名)


 当会会員の池田さんからの要請で彼が所属する東京をベースにした山の自然学クラブのご一行(8名)に市民の森を案内しました。
 今回は3名(井村e、矢崎、吉江)で対応しました。昨年もいらっしゃいましたが2時間半での案内でしたので、 今年はじっくり一日掛けて見ていきたいということでした。
 全国各地を研修して歩く団体で、植物、森林保全、それぞれ見識がある方たちと聞いていましたので、 この森の植生、そこでの生物の営み、この森と人との関わりなど、里山の一つの在り方を見て 頂けるようプログラムを組みました。案内には、ガイドブックが大活躍で、ガイドブック2は貸出用を用意していたのですが、 皆さんにお買い上げ頂きました。

 皆さん、里山の空気、風、音、すべてに満足しここで昼寝をしたいという声もでました。のんびり昼寝を楽しむ会もありかな~。 スタッフは楽かもしれない。

 最後に、「いい森ですね。いい活動をしていますね。元気で、活動を続けていってくださいね」と励まされました。頑張るぞ~!(すぐ木に登る性格)

トピック

市民の森を案内風景

市民の森を案内風景

植物の戦略を説明する矢崎さん

植物の戦略を説明する矢崎さん

<スタッフ矢崎さんの一言>暑くもなく寒くもなく風は心地よく、絶好の観察日和。 参加者もスタッフも楽しく市民の森を巡ることができました。
が、「詰込みはしません」と言う割に頑張った井村eさんの喉が心配!


2017.5.28

私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。