H29年度 事業計画・報告

事業報告


市民の森樹木巡りツアー

~会員研修~    [森林観察学習部会]


日程: 7月15日(日)
場所: 茅野市 市民の森
参加者: 15名(うちスタッフ4名)


 初の試み、樹木巡りツアーが開催されました。メインスタッフの矢崎さんと下見、資料作りまでは順調に進みましたが、 日に矢崎さんが怪我。開催も危ぶまれましたが、 残りのスタッフ井村(淳)さん、中野さん、私の3人で開催することにしました。
 ルートは横河口→砂防ダム→横河口→(東コース)→池(昼食)→(せせらぎコース)→山神→横河口 2時半終了でした。
 砂防ダム付近でサイカチの刺に驚き、東コースでスギ、オオモミジ、サルナシなどを見、湿地を好むヤマハンノキ、ハンノキ、 ヤシャブシ、カラコギカエデを見て池で昼食。午後は、せせらぎコースの林相カラマツ林、アカマツ林、コナラ林を見ながら進み、 昨年発見のナラガシワ、エゾエノキ、に続き、山神と掘られた大岩脇のサワラの太さに驚きました。
 参加者が11名と少なかったが、森づくり部会所属5名、森林観察学習部会所属4名、両部会所属1名と部会を 越えた催しとなり、日ごろ顔を合わせない会員の交流ともなりました。
 用意した資料に沿って案内しましたが、参加者から材としての用途などの情報も頂き、スタッフ、参加者ともに学べた 研修会になりました。
 アンケートでは、「次回以降も参加する」との回答が多く、継続して実施していきたいと思います。
 目標は「クリとコナラを葉がない時期に区別できる」です。

トピック

研修会風景

資料を見ながら

研修会風景

葉を確認

研修会風景

足元はサイカチの実生だらけ


2017.7.15

私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。