H30年度 事業計画・報告

事業報告

2018.8.19

林内クラフトづくり体験 8月19日

~森の中で楽しむ、子供たちも出来るクラフトづくり~    [森林観察学習部会]


日程: 8月19日(日)
場所: 茅野市 市民の森 横河口
参加者: 7名(うちスタッフ4名)

8月19日(日)、参加者3名、スタッフ4名の計7名で実施しました。今回は暑い中での作業なので、横河口の四阿を利用しました。
内容は市民の森の林内にある自然木を利用し、いろいろ体験してもらいました。
・自分たちでノコギリやトンカチを使ってクラフト作品をつくる。
・昼食も林内にある朴葉を使って、自分たちで朴葉寿司をつくる。
・勿論、箸も自分たちでつくる。
参加者に、市民の森の自然を利用し、自分たちの力で何かを作るという経験をしてほしいという思いで企画しました。
クラフトの指導は、普段から家具や椅子などを作っていて木や道具の使い方に詳しい会員に担当してもらい、丁寧な指導で、思い出に残る作品ができました。
子供たちには森の中で経験したことや、教えてもらったことが少しでも今後に活かされたらと思います。
今回はマスコミの2社の取材があり、翌日の市民新聞、週末の茅野だよりに掲載されました。

トピック

 はじめに

体験風景

これが朴葉です!

v

スタッフに囲まれ、
ちょっとウジウジ

 作ってみよう!

体験風景

「フーン そうやるの」

体験風景

「おもしろそうだなあ」

体験風景

「絵はとくい」

 朴葉寿司づくり

体験風景

「みんなでやれば楽しい

 昼食

体験風景

「美味しいし、楽しかったし
おじさんも優しかったね。」


私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。