H30年度 事業計画・報告

今、森林整備事業部は(H30年度)


この「今、森林整備事業部は」というタイトルで、事務局だより毎号に連載しています。



2018.3.31

森林整備事業部全体会議開催

 平成30年度森林整備事業部の活動の目的と施業方法(2年目となる環境林整備事業について)の説明。
森林整備事業部作業安全指針及び決まりの確認。
これまでのヒヤリハット例から伐倒等の安全学習。
また昨年発生した事故に伴い行われた安全講習会の報告と広葉樹大径木の模範伐倒DVD映写が行われました。
平成30年度森林整備事業部員は35名です。

<平成30年度役員・担当スタッフ紹介>
 部長;山本 副部長:狭川・矢崎
 安全教育担当:川手・矢崎
 新入部員指導及び重機操作指導担当:鶴田
 測量図・地図作成担当:宮坂

全体会議



2018.4.14

平成30年度作業始まる

山の神に今年度作業の安全祈願 作業前のストレッチ 現場の説明と山わり
安全祈願 ストレッチ 山わり

山本部長による広葉樹大径木模範伐倒 ≪追いツル伐り≫

裂け防止ロープ巻 受け口をつくる 受け口中央に
浅く刃を入れる
突っ込み切り ツル切り
裂け防止ロープ巻 受け口をつくる 受け口中央に浅く刃を入れる 突っ込み切り ツル切り
矢印 矢印 矢印 矢印
受け口はやや大きめ 裂け防止の芯切り 受け口底辺と並行に刃を入れる 最後にツルを追って伐る
受け口はやや大きめ 裂け防止の芯切り 受け口底辺と並行に
刃を入れる
最後にツルを追って伐る


2018.4.18 4.25

安全作業勉強会
 今年度から、作業日雨天時には事務所において森林整備作業を安全に行うための伐倒方法などについて座学を行うことになりました。
 部員間の意思疎通の場としても、是非ご参加を!


2018.5.16


 

 蔓がらみの木を一斉に伐倒する実習

①

①

★伐倒する立木に絡んでいる蔓は予め取り除いておく(根元を切り枯らしておくか外しておく。)が、⑥


2018.6


 

今年の作業現場はかつて豪雨災害が起き、その後放置されている、市民の森北側横河川沿い急斜面です。ところどころに崩壊した斜面があり、細い雑木が生い茂り、太い蔓が何本も絡みあい、作業は非常に危険を伴い細心の注意が必要です。(蔓がらみの伐倒法については5月号参照)

雑木急斜面
雑木急斜面
崩壊斜面
崩壊斜面
 

 そこで、今年は作業前に皆で当日の現場を見、大まかな作業手順を確認しています。

藪をかき分け
藪をかき分け
今日の現場へ
今日の現場へ
 

 それでも疑問が残る箇所については、諏訪地域振興局林務課の平林さんに検分をしてもらい、除地についてなどのアドバイスをしていただきました。

●疎林や蔓がらみで同時に多数伐倒し0.1ha以上の空地になる可能性のある所は初めから除地にする。
●植樹以外の雑木林分においては、将来活用可能な木をなるべく残す。

 

 そのような過酷な現場でも、楽しみはあります!

小鹿のご挨拶
小鹿のご挨拶
ムラサキツユクサ
ムラサキツユクサ
白花
白花

私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。