H30年度 事業計画・報告

月例観察会  (H30年度)


 毎月1回の、市民の森を散策し、楽しみながら、生態観察をしよう! という会です。
観察結果は、市民の森を散策される方への情報発信と、樹木の名札掛けをします。
 今年発行されたガイドブック2「森を楽しむ」も携えて、今年も、各人テーマを持って、「森の楽しみ方」を見つけます。


2018.4.17

 ようやく春です。今年も月例観察会が始まります。
 今年の年間メンバーは新人3名、旧人、スタッフも含めて19名になりました。
 下見の7日は快晴で暑い日で蝶も飛び、前途洋々でしたが、本番当日は肌寒く、夕方から雨という予報でした。

 本番の参加者は、一日参加の方1名を含み17名、長野日報の記者が途中まで同行しました。月例観察会も7年目になりますが、取材は初めてです。
 今回のコースは、沢沿いの小径→頂上コース→中央コース→南コースを行く一周コースで、お昼は池の周りで食べることを目標に進行しました。

輪になって

 昼食後、風がない場所で輪になって、自己紹介。
と思ったら「ポツリ」、急遽、帰りを急ぎ、駐車場に戻ってから自己紹介の続きになりました。
結局は雨には会わず、予定通りの観察ができました。
 天候が悪いため、飛翔する蝶の出合いは少なかったのですが、春一番の芽吹きを中心に観察しました。

観察風景

 スタッフが口にした植物名を丹念に記録された方がいらっしゃり、それによると150種あったそうです。 スタッフも驚きでした。

 4月恒例のエゾエノキの根元でのオオムラサキ幼虫の観察は、根元、そして樹幹を登り始めた幼虫を観察できました。葉はまだ出ていません。 芽吹きを枝で待ちます。斜面にあるエゾエノキの根元には今年は葉がありません。雪が少なく根元の葉が風で飛ばされたようです。 飛ばされた幼虫は木に戻れるのでしょうか?
皆の疑問でした。今年は飛翔するオオムラサキが少ないのかもしれません。

樹幹を上るオオムラサキ
樹幹を上るオオムラサキ

枝ぶりが特徴のミズキ
枝ぶりが特徴のミズキ

花と見紛うコナラの新芽
花と見紛う
コナラの新芽

コバノガマズミの蕾
コバノガマズミの蕾

今真っ盛りのモミジイチゴ
今真っ盛りの
モミジイチゴ

月例観察会  4月の掲示(PDF:550KB) 

私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。