H29年度 事業計画・報告

「森の散策路整備」 レポート  (H29年度)


月に1回実施している「森の散策路整備」事業の実施レポートを連載します。


2017.5.12

 今日は、昨年間伐を実施した時に「せせらぎコース」脇に積んだ残枝を軽トラックで池まで運び、チップ化して池の周りの散策路に敷くという作業です。

道づくり チップづくり
散策路にチッパーを入れて作業中 作業の合間の休憩も気持ちが良い

 お昼休みには、7月、8月、9月に一般募集して実施する散策路整備の午後に行うクラフトのために、クラフト担当の加藤周児さんから木を削る安全な道具(削り馬)を皆で体験しました。

削り馬


2017.6.9

 今回は、作業の手順を変えてみました。
チッパーを材料の残枝がある「せせらぎコース」に設置し、チッパーの付近の残枝をチップ化して 軽トラックの荷台にはきだし、一杯になったら軽トラックを池に回します。この方が、 残枝を軽トラックに積んで運ぶより、効率が良さそうです。

チップづくり

<スタッフの一言>
残枝を片付け心地よい散策路に!


2017.7.29

 天気が心配でしたが、部会長の「やろうよ!」の一言で実施することにしました。
  午前中なんとか天気が持ちこたえたので、散策路づくりが出来ました。一般参加の親子も手分けしてチップを運び、歩きやすいようにと平に敷く作業に率先して取り組んでいたのは、とても頼もしく感じました。
 疲れを知らない子供たちは休憩時間にも池周りの散策路を歩いて歩数と歩幅で距離を測ったり、走って一周のタイムを計ったりと楽しんでいました。
 森の中で子供のはしゃいでいる声が聞こえるのは、自然の中の虫の声や鳥のさえずりを聞くのとは違う楽しい気分でした。

体操 チップ敷

 お昼前には雨模様になって来たので、急遽、事務所に移動し、事務所でクラフトづくりをしました。
 今回は「削り馬」という手作り木工道具をスタッフが用意をし、実演しました。早速、一般参加の親子もスタッフの指導で削り馬にまたがって木を削る体験をしました。
 今回のクラフトは、小枝を使った色鉛筆、木の家、葉っぱのスタンプのコースター、松傘のリース、ブンブンごま、などなど色々なものを楽しんでもらいました。
 ぶんぶんゴマは、参加した男の子が回すのが上手く、手と足で二つのコマを回していてビックリしました。
 クラフトづくりは毎回スタッフの協力で、一般参加の方も楽しく過ごして頂いているので感謝しています。

削り馬の体験 のこぎり体験
削り馬の体験 のこぎり体験
クラフト色々  木の実のリース
  色鉛筆   木の家   葉っぱのスタンプ    松傘のリース

2017.8.19

 今回は一般参加者がいなかったので、会員のみでの作業になりました。
 池周りのチップ敷きも終点まであとわずかとなったので、残りは9月3日の一般参加者のためにとっておき、今日はその時に備えて道づくりをすることにしました。 道づくりは道の端に伐木残材の丸太を並べて杭で止め、チップが道の外側に流れてしまわないようにする作業です。女性陣も丸太を運んだり、杭を打ったり、大変だったと思います。ご苦労様でした。
 作業中、都会からやってきたという家族連れが通りかかり、ご主人が「こういう仕事好きなんですよ」とくい打ちに飛び入り参加。 奥さんにガイドブック2をご購入頂くなど思わぬトピックがありました。
 午後は一般参加者を募集して実施するクラフト用に「エコツーリズム助成金」で購入したナイフやキリなどを試用し、枝を使って竹トンボを作ってみることにしました。 子供の時以来のナイフを使った制作に、最初はぎこちなかったナイフの使い方も慣れてきましたし、気の乗らない会員も作っているうちに夢中になって「絶対に飛ばすんだ」という気迫が出てきました。
 皆さん、ほぼ竹トンボらしく出来上がりましたが、飛び方はいまひとつ。次回は空に舞い上がるものが作れることを期待したいと思います。

飛び入り参加で杭打ち 次回のチップ敷のために
飛び入り参加で杭打ち 次回のチップ敷のために

私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。