H29年度 事業計画・報告

今、市民の森は!  (H29年度)


 この「今、市民の森は!」というタイトルで、事務局だより毎号に連載しています。
 本コーナーは事務局だより第2号から井村が担当し、毎回植物の異なる種を選んで計59種紹介してきました。
 今年度からは、昆虫に目を移し、森林観察学習部会の馬場さん(月例観察会のスタッフ)にバトンタッチします。
3月に発行したガイドブック2には昆虫も沢山掲載しました。合わせてご愛読ください。


2017.4.16

 4月の月例観察会は雨のため事務所での座学に変更。今年度も火曜日は鬼門か?
数日後の日曜は好天。例年よりも季節が1週間ほど遅れていますが気温が高めのせいか、水車小屋付近では成虫越冬したタテハ類が飛び回り、 ルリタテハがチェーンソー基礎講習会の参加者にまとわり付いていたと聞きました。これはルリタテハが参加者の汗に誘引されたものです。
ルリタテハは和名通り瑠璃色の帯紋が特徴で、他のタテハとの区別は一目瞭然。5月になれば食草のヤマカシュウなどの若葉に産卵、 以後2~3回世代交代し成虫で越冬します。幼虫は食草の葉の中央付近に丸い食痕を残すので発見は容易、どんな幼虫か探してみては?

ルリタテハ

ルリタテハ
 チョウ目 タテハチョウ科 ルリタテハ属
国内分布:北海道・本州・四国・九州・南西諸島


2017.5.7

 今年の春の訪れは例年より遅く昆虫たちの発生も遅れ気味だが、 5月7日薪づくり講習会の日は気温も上がり、チョウの観察ポイントの水車小屋付近では地面近くを素早く飛ぶ小さな茶色のチョウを発見。 タチイヌノフグリやスミレ類を吸蜜に来たミヤマセセリ♂です。1週後の14日は♀の最盛期でした。
 ミヤマセセリは年一化。里山の春をつげるチョウの代表の一種で、芽吹きの頃から飛び回るが小型でこげ茶色の翅がまだ緑の少ない地面と 同化して見つけにくい。この時期ほかのセセリはいないので同定は簡単、なかなか渋い通好みのチョウです。
 枯葉を巻いた巣の中で幼虫で越冬、早春に目覚めるとただちに蛹化、つづいて羽化する。食樹はコナラなどブナ科の樹木。

ミヤマセセリ

ミヤマセセリ
 チョウ目 セセリチョウ科 ミヤマセセリ属
国内分布:北海道・本州・四国・九州
国外分布:中国大陸・旧満州・アムール・朝鮮半島


2017.6.10

 遅かった春を取り戻すかのように暑い日が続いて季節も順調に進み始めた6月の下見日、頂上から北コースへ踏み込んで間もなくレンゲツツジで吸蜜するオナガアゲハに出会いました。
 林間の蝶道を飛び、好んでツツジ類やクサギの花に飛来します。また、暑い日中に山道の水溜りで吸水中の♂を、カラスアゲハ類の♂と共に見かけるチャンスも多いです。
 後翅の曲がった長い尾(尾錠突起)が特徴で近縁種(クロアゲハ)との見分けるポイントになり、また本種の生息地は山地、クロアゲハは平地と棲み分けているようです。
 オナガアゲハは当地では春夏年二化、蛹で越冬,
 主な食樹はコクサギ、他にサンショウなどミカン科。
<注>年二化:1年間に2回世代が変わる。つまり、2回成虫が見られる。

オナガアゲハ

オナガアゲハ
 チョウ目 アゲハチョウ科
国内分布:北海道・本州・四国・九州
国外分布:中国大陸・朝鮮半島


2017.7.12

 7月の月例観察会は梅雨の中休みの暑い日、駐車場や水車小 屋付近を大きなタテハチョウが力強く飛びまわっていました。 そうです!里山のシンボル国蝶オオムラサキです! 今は♂の最盛期、とまった時も翅を開いたり閉じたり落ち着かず、翅表の紫の幻光はなかなか見せません。吉田山ではいまだに樹液の酒場を見つけられず、クワガタやスズメバチと争いながらの酒盛りを観察出来ていませんが、簡易トイレでは臭いに誘引されて飛来する雄姿?に出会える確率は高そうです。 成虫は7月に発生、年1化、食樹エゾエノキ根際落葉裏で幼虫越冬する。エゾエノキは他にもゴマダラチョウ・ヒオドシチョウ・テングチョウなども食樹としている都合の良い樹だ。
<注>年1化:1年間に1回世代が変わる。この時期にだけ成虫が見られる。

オオムラサキ
簡易トイレ換気口に飛来

オオムラサキ♂ 開張9㎝
 チョウ目 タテハチョウ科 オオムラサキ属
国内分布:北海道・本州・四国・九州
国外分布:中国大陸・旧満州・朝鮮半島・台湾(高地)


2017.8.4

 今年の夏は梅雨明け後の天候が安定せず、8月の月例観察会も雨女の怨念で中止に。それでも晴れ間が出れば例年通り、吉田山では色々なチョウが飛び出して来ます。
林道をかなりの速さで横切る大きな黒い影はミヤマカラスアゲハ。♂は湿地で吸水中、♀はクサギの花などで吸蜜中が観察チャンスです。
 翅表の金緑色の帯班紋が印象的で、日本産美蝶総選挙なら1、2位を争う人気者。山地に多く、近縁種カラスアゲハは低山地に多い。両種の見分けは後翅裏に白帯があれば本種。成虫は5・6月春型8・9月夏型の年2化、蛹で越冬。
 食樹はキハダ(ミカン科)。内皮(黄色)は漢方薬(胃)や黄色染料に利用されてきたが、幹も広葉樹薪に活用可。庭に植栽すれば♀の産卵も観察出来るでしょう。
<注>年2化:1年間に2回世代が変わる。

ミヤマカラスアゲハ
吸水中の♂2016,7,19

ミヤマカラスアゲハ 開張 春型7㎝ 夏型10.5㎝
 チョウ目 アゲハチョウ科 アゲハチョウ属
国内分布:北海道・本州・四国・九州(南限屋久島)
国外分布:ミャンマー北部・中国大陸・アムール・サハリン・朝鮮半島・台湾

私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。