H30年度 事業計画・報告

今、市民の森は!  (H30年度)


 この「今、市民の森は!」というタイトルで、事務局だより毎号に連載しています。
 本コーナーは事務局だより第2号から井村が担当し、毎回植物の異なる種を選んで計59種紹介してきました。
 今年度からは、昆虫に目を移し、森林観察学習部会の馬場さん(月例観察会のスタッフ)にバトンタッチします。
3月に発行したガイドブック2には昆虫も沢山掲載しました。合わせてご愛読ください。


2018.4.17

 今年の市民の森の芽吹きは例年より早く、昆虫たちも戸惑っ ているでしょうが、下見日は絶好の観察日和。越冬タテハ類やスプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれるミヤマセセリやツマキチョウ・コツバメなどに混じり、 暗青色の小さなシジミチョウがチラチラ飛び回り、湿地面や獣糞にストロー(口吻)を伸ばして、ミネラルなどを補給していました。
 その暗青色の小さなシジミチョウの正体は春の妖精の仲間で渓流沿いに生息するチョウ、スギタニルリシジミ♂です。
翅を閉じて砂利道に止まると、翅裏は見事な保護色ですが、根負けするくらい翅を開かないので、翅表の暗青色は中々見せて貰えません 。暖かく無風の日の炭焼き窯付近が、彼らを観察出来る絶好ポイントです。
 また、この時期この標高では、他に似たシジミチョウは居ないので同定は簡単です。
 発生は年一化、越冬態は蛹で、早春に羽化。母蝶は食樹のトチノキが当地ではほとんど自生していないため、ミズキの花芽に産卵すると 推定しています。
<注>年一化:1年間に1回世代が変わる。

スギタニルリシジミ

スギタニルリシジミ
 チョウ目 シジミチョウ科 ルリシジミ属
国内分布:北海道・本州・四国・九州・南西諸島
国外分布:中国大陸中部

私たちは、このような活動を通じて人と森林との新たな関係を作り出し、豊かな森林を次世代にバトンタッチしたいと願っています。